※ 1月31日、組合事務所で県内の共同育苗代表者会議が開催されました。


当日は県内18育苗所の代表者が集合し、購入培土の苗床管理等について研修を行ないました。

福島県では東京電力福島第1原発事故の影響により全ての共同育苗所が購入培土での育苗になることから、
長年市販培土で育苗を行なってきた、会津連絡所の小野さんを講師に迎え管理のポイント等を勉強しました。

また、培土メーカーからは商品についての説明があり、実際に現物を使っての箱詰めも行ないました。

「苗半作」と言われるように、出席者全員真剣な表情で会議に臨み、多くの質疑が交わされ非常に有意義な研修
となりました。



     
 渡辺組合長あいさつ  会議の様子  講師の小野さん
     
 各メーカーの培土を箱詰め  箱詰めした後に落ちる培土の状態 培土について 小野さん説明中