※ 今回の東北地方太平洋沖地震による被害については、まだ詳細が分からない地区もありますが
第1報を報告致します。

県内の耕作農家で海岸沿いに住居がある方はおりませんので大津波による被害は無いものと思います。
また、東京電力の福島第1原発の事故による避難対象農家は半径20Km圏内に16名おりますが、既に
避難されていると考えられます。

構造物の被害では組合の2階サッシ窓が8枚落下破損し、会議室天井のスピーカーや換気扇が3個落下
エアコンも1個落下しました。


県内の多くの育苗センターでは、播種も行なわれて作業がスタートしたばかりでしたが、温湯設備の被害や
断水等も報告されております。
現在、復旧に懸命に取り組んでいますが、苗の確保について若干の不安も残る状況です。

県内農家におかれましては、出来る範囲で結構ですので、苗の多目の確保をお願い致します。


東京電力福島第1・第2原発の今後も大変気になりますが事故やケガ等に十分注意をお願い致します。


     
 事務所西側2階のサッシ窓が落下破損 左に同じ  ブルーシートでひとまず仮補修 
     
 書庫2階のエアコンが脱落  コンピュータルームの書類等が散乱  
     
 常葉育苗センター(給水配管が大きく破損)  左に同じ  山木屋育苗センター(給水管の復旧中)

BACK