※ 本年度第2回目の「技術検討委員会」が9月14日に県組合本部会議室にて開催された。

当日は各委員から本年作の特徴や課題改善等について発言が有り大変有意義な検討会となった。

◆協議内容

 1)本年の作柄の特徴
  ・平成22年度作柄概況について
  ・平成22年の気温・降水量・日照時間の比較について
  ・平成22年度作柄調査表について

 2)基本的技術について
  ・たいへい耕作の基本について
  ・平成22年発根調査について

 3)JTB−16試験結果について

 4)耕作技術再構築事業について

 5)集合援助に向けた資料の検討について
  ・今後の管理作業ここがポイント
  ・秋期土壌消毒について

 6)その他


尚、集約された問題点、改善策等は
今月末から開催される集合援助会でお知らせいたします。



     
 渡辺組合長あいさつ  JT東日本原料本部 佐々木課長あいさつ  協議の様子